今知りたい電話会議や管理システムの最新事情

メンズ

クラウドが標準

話し合い

離れている相手とリアルタイムで会議をしたいというニーズは古くからあり、多くの開発会社がそのニーズに対応してきた。古くは専用回線を引いた会員制システムから始まり、数年前まではクライアント側にインストールして使用するタイプのweb会議が用いられてきた。今でもこのタイプのweb会議ソフトウェアは多数存在しているが、今最も旬で標準化の流れにあるのがクラウドを用いたweb会議である。

クラウドとはその名の通り雲のように頭上にあるシステムという意味合いから名付けられた複合的なシステムで、多数のサーバーが集まることで効率的に様々なサービスを提供することを可能にする。クラウドを活用したシステムやサービスは非常に多く存在するが、web会議もクラウドを用いることでこれまで以上にユーザーにメリットの多いサービスが提供できるようになった。例えばクラウドweb会議サービスでは初期準備としてソフトウェアをインストールする作業が不要である。その理由としてはブラウザを経由してアプリケーションを提供してもらうからであり、クライアント側でローカルチックなソフトウェアをインストールする必要がないのだ。面倒な初期作業要らずに直ぐにweb会議を行なうことが可能という点は、今の忙しい現代人にとっては非常に魅力的に感じる部分といえるだろう。アプリケーションがクライアント側に存在しないという事は、常に最新のアプリケーションを使うことが出来るという点でもある。例えばこれまでだとアプリケーションを最新版にするという時は、再度インストールという作業が必要であったが、クラウドweb会議の場合はその必要もない。理由は使う度に常に最新版を読み込むためだ。このように使う側にとって魅力的な点が多いのがクラウドweb会議であり、今最も旬にある理由と言える。