今知りたい電話会議や管理システムの最新事情

男女

業務効率が出来る

システム

多忙な運送業では専用の管理システムが開発会社によって多数リリースされている。活用することで管理作業の大部分をオートマチック化させることが可能で、働く側の負担も減らすことが出来る。

More...

ミスの無い管理体制

パソコン

法律事務所では顧客の管理に対して非常に神経を尖らせる必要がある。専用のシステムを用いれば効率的に管理が可能で、忙しい弁護士の負担を減らしながら管理のリスク分散も可能である。

More...

クラウドが標準

話し合い

web会議は古くからサービスが存在しているが、今最も旬にあるのがクラウドを活用したタイプである。常に最新版を使用することができ、初期準備や作業が不要という点から気軽にWEB会議を始めることが出来る。

More...

品質を求めるのも重要

オペレーター

人が相手とコミュニケーションを取る時は単に声だけでなく、表情や身振り手振り、また返答の間などの情報を総合的に判断して行なうと言われている。つまり何気なく行なっているコミュニケーションという作業は高度な知的生命体でなければ出来ない難しいものなのだ。多くの方が何気ない会話からケンカに発展したり、また勘違いを与えてしまった経験があるだろう。対面していても難しいコミュニケーションは電話などの音声情報だけとなると更に難しさが増す。

電話会議というサービスがある。WEB会議が一般的になり高品質な映像でセッションが出来る時代だが、音声だけのコミュニケーションが主となる電話会議は意外とニーズが高い。普通に考えれば相手が見えない電話だけのコミュニケーションなんてニーズが無いと思うだろう。だが敢えて音だけに制限することで見出す魅力もある。例えばITリテラシーの低い方でも比較的簡単に使えるという点があるだろう。電話会議の優れている点は、携帯電話や固定電話などの電話回線さえ繋がっていれば、いつでも参加することが出来るという点だ。WEB会議だと最低でもスマートフォン、より良い環境でリッチに行なうとなるとPCが必要不可欠だが、電話会議に限っては電話回線と電話が出来る端末さえあれば良い。そのため年齢の高い層が遠隔地で会議をする時などに用いられている。またWEB会議に比べると送信するデータ量が小さいため、高品質化が比較的容易という点も特徴といえるだろう。WEB会議に比べると高品質な音声で会議が進められるため、スムーズな言葉によるコミュニケーションが出来ストレスが少ない。また多くの電話会議サービスには進行役になるオペレーターが付く。そのため顔が見えなくてもしっかりとコミュニケーションを取ることは可能なのだ。
そんな電話会議の使い方はいたって簡単。最初に契約などをする必要があるが、一度契約すれば割り振られるクセス番号やPIN番号を操作し入力するだけで直ぐに会議に参加が出来てしまう。操作方法も簡単で、大抵の場所に存在している電話機を用いて気軽に会議に参加できるのは魅力といえるだろう。